ペットをマンションで飼う際の隣人への気遣い!

近年はペット飼育ができるマンション増えています。

1998年に1.1%しかなかったペット共生マンションは、2007年には86.2%に増えています。ペット共生マンションが増えた背景には、19971年に国土交通省がマンションの管理規約の標準モデル(マンション標準管理規約)を大幅に改定を行なったたことによります。
それ以降、ペット飼育に対し「規定で定めるべき」と方向性を示したことから一定のルールが設けられペットを飼育できるマンションが大幅に増えました。

ルールの内容はマンションによって異なります。

マンションには「ペット飼育細則」というルールあります。主に細則には、飼育できる場所、ペットの種類、大きさ、頭数など細かく定められています。
また、ほとんどのマンションで共通してるルールも存在します。
1)飼育は専用部分で行うこと。ベランダや廊下、専用の庭は共用部分なので、ペットを自由に遊ばせたりすることができません。
2)共用部分で給餌、排尿、排便、ブラッシング、抜け毛の処理をしないこと。
3)動物による汚損、破損、障害が発生した場合、その責任を負うとともに誠意を持って解決を図ること。
4)廊下エレベーター等では、動物を抱きかかえ、またはケージに入れて移動すること。

このようなルールがあるのは、ペットを巡る入居者トラブルが絶えないからです。

ペットに関する3つのトラブル
1、鳴き声、騒音

鳴き声に関しては、隣室、騒音に関しては階下からの苦情が多いようです。最近のマンションはフローリングが多いためペットの足音がしたの階まで響くみたいです。

2、糞尿による臭い

これは飼い主のマナーによるものです。共有部分での排尿や排糞をしてしまっても飼い主が処理しないといった問題があるようです。

3、共用部分での汚損、損傷

散歩後の泥や、ブラッシング等の毛の飛散、尿による器具の腐食の問題があるようです。

トラブルにならない為の4つの気遣い
1、鳴き声

犬にストレスを与えないのが一番です。運動不足や飼い主の気分などで犬はストレスを抱えてしまします。適度に散歩をして、吠えてもただ叱るのではなく愛犬が何を訴えているのか理解することが大切です。

2、騒音

近年のマンションはフローリングが主流です。愛犬や愛猫が走ったり高いとこらかたジャンプして着地した音などは階下の人にはストレスに感じます。カーペットを敷いたりなどの配慮をしましょう。

3、共用部分のマナー

これは飼い主のモラルの問題です。散歩後は濡れたタオルで愛犬の足を吹く程度で構わないので気遣いしましょう。水洗いをしすぎると愛犬が皮膚炎を発症する原因になりますの注意が必要です。

4、共用部分での気遣い

廊下などですれ違う時は、立ち止まって動物を壁側に寄せ、「お先にどうぞ!」と相手に先に通ってもらいましょう。エレベーターを利用する時は、「ご一緒してもいいですか?」と一声かけることにより思いやりが他の住人とのトラブルを未然に防ぐ一番いい対策なのです。

関連記事

  1. ペットを飼う前に読んでほしいこと〜札幌編〜

  2. ペットのメタボに注意!食事、しつけ、運動が大事!

  3. 【怠けてる?】たれ目がかわいい、のんびりマイペースのナマケモノが大人気!

  4. ペットが亡くなったときはどうすればいいの?札幌のペット葬儀の最新事情!

  5. 札幌の夜間動物病院をご存知ですか?

  6. 【人気上昇中】魅力たっぷりのフクロウを飼いたい!気を付けなければならない病気は?

気になる記事をチェック