気をつけよう!家庭内での愛猫の事故とけが。

猫は高いところから落ちても、くるんと一回転して着地できると思われています。
ですが、実はそうでもないんです。けがを覆う場合も少なくありません。
家庭内で起こりうる事故はいくつもあります。事前に注意をすることで事故を防ぐことができますので、一緒にみていきましょう!

家庭内での転落事故
1、ベランダや窓からの転落事故に注意しましょう。

猫は高さ音痴なんです。今まで一戸建てに住んでいた猫が、マンションの5階に引っ越すと習慣になっていたベランダからの飛び降りをして、大怪我を負ったケースは珍しいものではありません。
日ごろから転落の心配のある窓は、網戸を必ず閉めておきましょう。

2、浴槽への転落に注意しましょう。

猫は探検家です。家の中でテリトリーになる場所を日々探しています。お風呂場は夏は床が冷たく、冬は残り湯などであったかくて、猫にとっては興味深い場所です。ただし、浴槽は滑りやすく思わぬ転落でけがを起こしやすい場所です。また、湯の中に落ちた場合はパニックになり上手に這い上がれません。風呂場のドアは必ず閉めておくようにしましょう。

3、洗濯機の蓋は閉めておきましょう。

グルグルと渦を巻いて回る洗濯機の水は、遊び好きの猫にとっては興味深い場所です。端に乗って中の洗濯物に触ろうとし、そのまま転落してしまうことがあります。洗濯をする際は、必ず蓋を閉めることを習慣づけましょう。

家庭内の家事中の事故
1、料理中はキッチンを離れない。

包丁を出しっぱなしにしたり、やかんや鍋を火にかけたままキッチンを離れるのは危険です。調理台や、ガステーブルに飛び乗った猫が、火傷やけがをすることがあります。
シンクに登って蛇口から水道の水を飲む習慣のある猫は十分注意しましょう。

2、アイロンの作業中には注意です。

アイロンがけした布は、ほんわりと暖かいので猫も興味津々です。アイロンをかけている最中は飼い主が注意することができますが、問題なのは途中でアイロンから離れた時です。離れるときはコンセントを抜いてアイロン台に戻すようにしましょう。

3、裁縫中のまち針に注意しましょう。

まち針の上の玉や花の形をした針止めは、猫にとってはくわえて引っ張れるので楽しいおもちゃになります。裁縫をするときは、こまめに裁縫箱を閉めるか、針が刺さった布に触ろうとしたら叱るなどして、針山や針に近づけさせないようにしましょう。

家庭内の思わぬ事故
1、電源のコードをかじって感電に注意しましょう

遊び好きな猫は、前足で触れると動くものが大好きです。電気のコードもくねくねと姿を変えるので、かっこうのおもちゃになります。猫の犬歯は尖っているため、コードによっては簡単に噛みちぎってしまい、感電を起こしてしまいます。コードにビニールテープなどを巻いたりして対策を取りましょう。

2、細かいものの誤飲に注意しましょう。

猫は口にくわえて遊ぶのが大好きです。でも、間違えて飲み込んでしまうことも少なくありません。プラモデルの細かい部品や洋服のボタンなど猫が飲み込んでしまいそうなものは、床に落とさないように注意しましょう。また、シャープペンの芯やボタン電池などは口に入れると体に良くありません。使用する際は落とさないように注意しましょう。

3、フローリングのワックスや洗剤に注意しましょう。

猫は食事をお皿から床に出して食べることをよくします。キッチン周りの洗剤の飛び散りや有毒なワックスに注意が必要です。床のワックスは植物性のものや床掃除はお米のとぎ汁などを使うと安全です。

緊急時の処置方法

注意をしていても、事故が起こらないとは限りません。万が一事故が起こった場合は落ち着いて対処しましょう。緊急の場合は、お近くの動物病院に連れて行きましょう。
いざというときの応急処置を参考にして下さい。

関連記事

  1. 愛猫の家庭内のトラブル!ノミ対策!

  2. 札幌の冬~愛猫と快適に過ごす方法~

  3. 高齢猫との上手は過ごしかたと対策!

  4. 札幌の春はもうすぐ!猫は日向ぼっこが大好き!

  5. なぜ猫は室内で飼うのがいいのか?

  6. 愛くるしくってたまら無い「ぽっちゃり猫」、でも猫ちゃんだってダイエットが必要!

気になる記事をチェック