【天然記念物】柴犬の魅力!

2017年愛犬ランキング堂々の4位!みんなに親しまれている犬種です。
日本犬6種に数えられ、国の天然記念物に指定されています。
柴犬は野生感溢れる犬で、日本の気候風土の中で昔からほとんど容姿が変わっていません。以前は番犬として外で飼う人が多かったですが、最近は家庭犬として室内で買う人が増えてきています。
しかも小型犬なので、室内やマンションなどで飼いやすい犬種です。

柴犬の歴史

柴犬の歴史は縄文時代に遡ります。昔から人間と一緒に鳥や小動物を狩りして暮らしてきました。柴犬はもともと信州柴、美濃柴、山陰柴などの種類が存在していて、それぞれ地域ごとの特性がありました。
第二次世界対戦後、一時は絶滅の危機に瀕しましたが見事に乗り越え、今では人気の愛犬としてみんなに親しまれています。

みんなに愛される柴犬の性格は

日本ではもちろん海外でも人気の柴犬。
日本犬保存会の「日本犬標準」では、柴犬を含む日本犬大原則が定められています。
・悍威:気迫があること。
・良性:忠実、従順、怜悧であること。
・素朴:素直で誠実であること。
ここに記されているのが、柴犬の理想的な姿とされています。多くのブリーダーは上記に三大原則にならった犬を育て、後世に残していこうと考えています。
 柴犬は、飼い主に絶対的な信頼を寄せる忠犬です。洋犬の人懐っこさとは違い、飼い主を信頼しそっと寄り添うタイプとされています。
 昔から狩猟犬として過ごしていたので体力があり体が丈夫です。日本の気候風土に適しており、ほかの犬種に比べ病気にかかりにくいと言われています。

柴犬のカラーは三色+白色

赤色

一番多く見る色で定番なのが赤色ではないでしょうか?
柴犬の約8割を占めていると言われています。
赤色でも、淡い色や濃い色などさまざまです。

黒色

あまり見かけないですが最近人気が高まってきている色です。目の上にある班が特徴的で、ツヤのない渋い色の黒が愛犬家たちに人気のようです。
こう見るとかっこいいですね!

胡麻色

赤、黒、白が混ざり合ってできた色になります。
赤みがかってると赤胡麻、黒みがかってると黒ごまとも呼ばれています。

白色

珍しいですが、白もいますよ!

皆さんご存知の忠犬ハチ公は6種の日本犬の中の秋田犬になります。日本犬は忠誠心が強いのがわかりますね。
少々頑固でしつけには根気がいりますが、真面目で忠誠心の強い柴犬。日本の気候にも適していて育てやすい犬種です。今年の愛犬ランキングは何位になるのかも楽しみですね!

関連記事

  1. 札幌の飼い主様必見!! ~犬の避妊・去勢手術その①~

  2. 札幌の飼い主様必見!! ~犬の避妊・去勢手術_その②~

  3. おしゃれ?防寒?皮膚病の心配は?正しいドッグウェアの選び方

  4. 人気の犬の種類ラインキング2位チワワの飼い方!

  5. 人気犬種のかかりやすい病気集|ワンちゃんの犬種・特徴でかかりやすい病気が変わります。

  6. 札幌冬到来!ワンちゃんと過ごす寒い季節に気を付けたいこと

気になる記事をチェック